見学、体験してみよう

和室

ダンス教室、日本舞踊教室共に、見学、体験入学をすることができます。
実際に教室でどのような事をするのか見学することができるので教室を決める前に活用しましょう。

教室によっては平日の仕事・学校帰りでも見学・体験ができる教室があります。
遅い時間にも講習を行っている教室はたくさんありますので、自分の時間を有効活用して教室を決めましょう。
電話で直接問い合わせもできますし、サイトを持っている教室によってはメールで見学・体験入学の予約を依頼することが出来ます。

基本的にお子さんの場合は親が同伴する必要があります。
成人の方で、一人で不安という方は知人を誘って行くことも出来るので、気軽に周りに相談してみましょう。
意外にも同じく興味を持っている人がいるかもしれません。

教室で仲間を作りともに楽しむことはストレス発散に繋がりますし、ダンスや舞踊は全身運動でかなり筋肉を使いますので、日頃の運動不足が解消でき、健康にも繋がります。

ネットで検索するとすぐ見つかる

ダンス

ダンス教室、日本舞踊教室それぞれを探すにあたり、近所のネットワークを駆使する方法もありますが、ネットで検索するとより教室の特徴を知ることができます。
現在ほとんどの教室が各自のサイトを公開しているので、指導内容や曜日、時間等が紹介されています。
それだけでなく、どのような目標をかかげて教室を運営しているか、生徒に対しどのような目標を持ってもらいたいか等を知る事も出来るので、
教室の直接的な指導内容を知ることができます。

ネットでは地方によって教室を分類しているまとめサイトも存在しますので、地域を絞り簡単に検索することができます。
特に日本舞踊教室は数が多いので、まとめサイトが多く存在します。それらを活用し自分に合う教室を探しましょう。

多くの流派がある事を知る

着物と女性

ダンス教室と同様に日本舞踊教室には様々な流派があります。その中でも五大流派とよばれるものがあります。
花柳流、藤間流、若柳流、西川流、坂東流が日本舞踊の五大流派とよばれています。
日本舞踊そのものに400年近い歴史がありますが、それぞれの流派にも古い歴史・伝統があり、特徴が異なります。

日本舞踊はリズムダンスとは異なり、人間の心情を身体で表現するという考えが根本にあります。
また、日本舞踊は歌舞伎の一つともされているので、演じる役が存在します。
役者としてその人物を演じ、それを踊りで表現するというのが日本舞踊の楽しみの一つです。

演劇に興味があったという方にも是非オススメしたいですし、日本の芸能文化、歴史に興味があるという方にもオススメしたい趣味の一つです。
日本舞踊教室に通うにあたっては着物等揃えるものがある場合があるので事前に教室に相談し確認しましょう。

Powered by WordPress | Designed by: 7Graus | Thanks to 7Graus WP Themes